2014年12月31日

トイプードルMIXトム君 預かりボランティアさんから

お預かり-トム君-

里親を探す会SHONANさんより支援品を頂きました!お洋服(写真1の中に着ているタートルネック)と療法食(写真2)☆

20141231_01.jpg

20141231_02.jpg

また、年内最後の通院終わりました。
前回からお耳のお薬が変更となり(写真3)
とても調子が良いです。

20141231_03.jpg

以前は、半日も経てば、溢れかえっていた膿みや、耳だれですが現在は、1日経過して、同様の状態なので、両耳とも、改善が認められます。また、臭いも、少しなくなって来たような…。
首下の腫瘍も、サイズ変わらずです。

20141231_04.jpg

(※通院費用は会に全額お世話になっております)

また、昨日はトリミングに行って来ました!
病院での無理のない程度のトリミングでしたので、当人至って元気♪イボ周辺の瘡蓋等も取り除いて頂き、気にならなくなった様です。

20141231_05.jpg

20141231_06.jpg

20141231_07.jpg

20141231_08.jpg

ニックネーム Aさん at 09:00| 預かりボラさんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

正式譲渡しました!

マルチーズ(仮名)レタスちゃん右レタスちゃんのまま正式譲渡いたしました。メモ

レタスちゃんにはFacebookから面会待ちのお申し込みもありましたが、体調が悪くお話をなかなかスムーズに進めることが出来ませんでした。

今回、預かりボランティアさんが2匹目の里親になる決心をしてくださいました。

下以下、里親になる経緯と里親になっての感想文になります。Hello

2011年9月に、里親を探す会SHONANを通して「はぐみ」の里親になりました。
今年の5月の預かりボランティア緊急募集の報に、一頭飼いが条件で犬に対して強くでる「はぐみ」との懸念はあったものの、保護されたばかりのマルチーズ達に強く心が動きました。

「はぐみ」と対面させると「レタスちゃん」だけは、尻込みするばかりで喧嘩になりませんでしたので、預かりボランティアに挑戦することになりました。
しかし、それは相性というよりは、「れっさん」の体調不良によるところが大きいということが、すぐに判明しました。
 何も食べない、膿が出る、薬は全部吐く、なぜかいつもブヒブヒ泣いている・・・会の代表の指示を仰ぎ、何度緊急通院したことか!
やっと吐かない薬が見つかっても、なかなか食べてくれなくて、同時に保護された仔の預かりさんが情報を提供してくれたり、面会に来て励ましてもくれました。
 また、近所の犬友が、様々な情報を駆使し、食べなかった仔が食べた!奇跡のフードを取りよせてくれたり、遠方の犬友が、手作りご飯持参で訪ねてくれたりと・・・そんな日々が一か月半ほど続きました。

 自分の力じゃどうにもならないことがある!と嫌が上にも気づかされ、2匹の背中に手を置いて「もう私にできることはないよ。自分で何とかおし」と言い聞かせ始めた頃から、食欲回復、最悪だった胆嚢の胆泥も少しずつ消え始めました。
 始めから、情は湧いて湧いて仕方ありませんでしたが、他の犬を虐めてしまう「はぐみ」と甘えん坊の「れっさん」双方にとっての最高の幸せはなんだろう?と模索し続けながらの預かりの日々でした。
 2匹のバトルがなくなってきた秋口から、私の気持ちも揺れ動くようになり、最後は、同じ会で、同じく里親になり、預かりになり、その仔の里親になった夫妻に相談し、心が決まりました。みなさまのおかげで、やっと、レッさん(仮名レタスちゃん)の里親になれることになりました。
 保護してくださった代表はじめ、皆々様に感謝感謝です。
これからは、うちの仔として、体力回復、病気完治をめざし、「はぐみ」ともども一病息災の平穏な日々を過ごしてもらえたらと思います。
ニックネーム Aさん at 09:00| 決定!幸せになった犬たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

レスキューしました

12月26日、センター年内最終日にミニチュアダックス、柴犬をレスキューしました。

レスキュー後、協力病院でメディカルチェックをしました。

種類:ミニチュアダックス
性別:男の子
年齢:10歳
体重:9キロ
去勢:未
フィラリア:(−)

20141229_01.jpg

20141229_02.jpg

お腹と耳に脂肪腫があります。
貧血があるので、預かりさん宅で栄養を付け1〜2週間後に再検査をします。

20141229_03.jpg

とても人懐っこい元気な男の子です。
少しダイエットが必要かもしれません。
20141229_04.jpg


種類:柴
性別:女の子
推定年齢:6〜8歳
体重:10キロ
避妊:未
フィラリア:(−)

20141229_05.jpg

20141229_06.jpg

左目が水晶体脱臼により視力がありませんでした。
右目は問題なし。
耳のマラセチア菌があり、点耳薬治療を開始します。
右の奥歯が削れています。
まだ吠える声を聞いていません。
ク〜ンク〜ンと鳴いているとてもおとなしい女の子です。

20141229_07.jpg

20141229_08.jpg


*まだまだ、センターには多くの犬たちがいます。 特に柴犬のような中型犬!!


お家にこの子達を預かれる少しのスペースもありませんか?
医療費は会で(指定病院にて)負担しますので、お水と ご飯、散歩と愛情をお願いしますm(_ _)m

預かりボランティアさん募集中です。

ご事情でずっとは飼えなくても里親が決まるまでの 間だけなら飼える方など、いらっしゃいませんか?

また、レスキューの日に合わせてケアするトリミングボランティアさんも募集中です!

里親さんが増えれば救える命が一つありま す。 一頭でも多くの犬たちが幸せになれるように皆さま ご協力お願いしますm(_ _)m
ニックネーム Aさん at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

コーギーのベルくんからのお便り


A様、寒い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか?

大変ご無沙汰してしまいすみません。
M町のM(コーギー・ベル)です。 何年も連絡せず、本当に申し訳ありませんでした。

ベルは、変わらず元気に過ごしています。
お散歩、ご飯、家族の次に?コタツが大好きで、今もコタツの中でいびきをかいています。
最近、見た目も動きも、少しおじいさんになったかな、と感じます。
でも、嬉しそうに飛びついたり、おやつを欲しがって走り回ったり、全く元気そうなので心配はしていません。

これから、主人や娘が冬休みに入りましたら、家族揃ってのお散歩をゆっくり楽しみたいと思います。
A様も、お身体を大事に、よいお年をお迎え下さい。

20141226_02.jpg

20141226_01.jpg
ニックネーム Aさん at 09:35| 里親さまからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

ご報告…

チワワ  (仮名)タイちゃん
天に召されました。

12月22日、懸命な治療の甲斐なく息を引き取りました。

人工呼吸器が着いた身体で懸命に自発呼吸をし、一時はワンと声を出す力強さを見せてくれ、
預かりを決意したスタッフとは抱っこをさせていただいたりと、病院のスタッフ、里親を探す会SHONANのメンバー6名と最期は寂しく無いように一緒に病気と闘い最期を過ごしました。

20141225_02.jpg

20141225_04.jpg

20141225_05.jpg


タイちゃんのレスキュー記事を見て、心配し応援して祈ってくれた沢山の人の思い、ちゃんと伝わっていました。
12月24日、火葬が終わりましたのでご報告させていただきます。

皆さま、多くのコメントでお声掛けいただきましてありがとうございました。

20141225_03.jpg


*家族の誰かが病気になったら捨てられますか?
どうにかして治してあげよう!楽にしてあげよう!と考えませんか?

ペットも家族の一員ではないのでしょうか???

神奈川県動物保護センターには病気や年老いた犬たちが今も誰かが迎えに来てくれるのを待っています。
家族として迎えたなら最期の時まで責任と愛情を持って飼って欲しいと切に願います。

病気の子や老犬にはセンターで一日を過ごすことは容易い事ではありません。どうかタイちゃんの死を無駄にしないで下さい。


20141225_01.jpg

20141225_06.jpg


この子たちに暖かい寝床とご飯、そして愛情をいただけないでしょうか?

会では預かりボランティアさん、里親さんを募集しています。

お問い合わせは090-6653-8124 又は FACEBOOKメッセージにお願いします。
どうかよろしくお願いしますm(_ _)m
ニックネーム Aさん at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

レスキューしました!


12月22日神奈川県動物保護センターの処置室にいた具合の悪いチワワを緊急レスキューいたしました。

種類:ロングコートチワワ
性別:男の子
推定年齢:10歳
体重:2.3キロ

20141222_23.jpg

20141222_19.jpg

センターで元気や食欲がなくなり、脱水症状があったために、補液や抗生剤の投与などの点滴治療を受けていた(仮名)タイちゃん。
暖房のある処置室に収容されていましたがとても危険な状態でした。

20141222_20.jpg

20141222_21.jpg

20141222_22.jpg

レスキュー後、協力病院でメディカルチェックを受けた結果、
肝障害、糖尿病による脚先亀裂、腎不全、角膜穿孔、低体温、黄疸など多くの重篤な症状や検査数値が確認され、即刻緊急入院となりました。

20141222_24.jpg

20141222_25.jpg

20141222_26.jpg


この子は迷子により動物保護センターに収容されました。
それから今日まで飼い主さんが迎えに来てくれるのを待っていたに違いありません。

元気な時だけ家族で、病気になったら棄てる?

犬にとって一番いて欲しいのは、病気の時ではないでしょうか。

どうか、最期まで責任を持って飼って下さい。

体調がかなり悪く目にも力がありませんが、時折見せてくれる表情は とても可愛らしく、何かを目で言っているような気がしてならない …そんな心優しい(仮名)タイちゃん。

里親を探す会SHONAN全スタッフが家族になり、危機を脱する為に面会に行きながら、病院と連絡を密にとって治療に専念し、サポートしたいと思います。

低体温の寒さや痛みで寂しくいかないで、どうかもう少し生き抜いて!
ニックネーム Aさん at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする