2012年10月02日

当会トライアルについてのご説明

当会のトライアルとは「お試し期間」とは違います。※ご注意下さい。
犬(猫)と「お見合い」した後、基本一旦連れて帰ります。ご家族で十分話し合っていただき、家族の一員として迎えるか否か、ご決断いただきます。
但し、先住犬(猫)がいて道具が揃っている場合、家族に迎えたいという意思がはっきりしている場合、そのままトライアル期間に入る事もあります。


家族の一員として迎える覚悟が出来ましたら、数日中にお返事をいただきます。
(少しでも長くなりますと、その期間の里親希望の問い合わせに良縁があってもお話を進める事が出来ず、幸せをのがしてしまいます。)


犬(猫)のお届けの日までにご用意いただく物を揃えていただきます。
一覧表もございます、必要でしたらお申し出下さい。


お届け日から1〜2週間後に譲渡手続きをいたします。
その1〜2週間の期間を「トライアル期間」と呼んでいますが、当会ではメールで毎日の状況を報告していただく事をお約束させていただいております。
その中で気付いた問題点や改善点、里親様からの悩みや相談などをお聞きし、少しでも安心した状態で譲渡する為の手助けとして重要視しております。


※携帯メールが出来ない方などケースによっては、お届け当日譲渡手続き、1週間後譲渡手続きなど、犬(猫)の飼育経験度や、犬(猫)の扱い易さなど個々において判断させていただく場合もございます。ご了承下さい。


ごくまれに、2週間のトライアルでまだ問題が山積みの場合などこちらが判断した場合、トライアル期間を1週間延長する事もございます。これは家族として迎える「積極的行為」として考えております。


逆に、いかなる理由であれトライアル中の断念(リタイア)は、「消極的判断」とみなし、犬(猫)を戻される場合は、里親様の方から当会に犬(猫)を連れてくる事をお願いいたします。


長年の経験で、犬(猫)を戻すということは、動物の方はどんなにこちらが励ましても、2度捨てられたのと同じショックを受けてしまいます。
可哀想な動物を助けて家族にする事は、1日では簡単にはいきません。少しづつお互いが馴染んで行きます。でも里親様の強い意志、気持ちひとつで動物にはそれが少しづつ伝わって行きます。どうぞ頑張って下さい。



           


      トライアル中のお約束事項

トライアル期間中の脱走、事故などについては里親様の注意及び責任においてお願いいたします。


家族を噛んだ、よそ様を噛んでしまった、犬を逃がしてしまった、逃げた犬が交通事故を起こしてしまった、などの起こりうるあらゆる事故の責任を里親様にお願いします。


また、トライアル中の犬の体調不良については、先住犬(猫)、保護犬(猫)ともに、里親様の掛かり付けの獣医にて診察を受け、費用も負担していただきます。ご了承下さい。

ニックネーム Aさん at 23:20| トライアルについてのご説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする